忍者ブログ
解っていないなりに考えた事を書きなぐり

[PR]

  カテゴリー:
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






また害獣が何か言ってる

  カテゴリー:

鳩山元首相が維新八策を批判 「ビジョン不十分」

 鳩山由紀夫元首相は23日、民主党鳩山グループの会合で、大阪維新の会が作成している次期衆院選の事実上の政権公約 「維新八策」 について 「数値目標が書かれていない。ビジョンが不十分だ」 と批判した。

数値目標を掲げた民主党2009年衆院選マニフェスト (政権公約) が実現できていないと野党から指摘されることに触れ 「(維新の会は) その教訓に学んだのだろう」 と皮肉った。  出典:日本経済新聞




もうこの鳥に取材するな。
日本語もよく解ってないんだから。


現在の 「維新八策」 は未だたたき台で、今後詰めていくと橋下氏が何度も言ってる。

知らないんだろうな。
金持ちなだけの鳥だから。


或いは維新の会の動きに対し本能的に危険を察知したのなら、流石は動物的直感をお持ちだ。

維新の会には、徹底して無駄を削ぐ、失敗したら責任を取る社会へという単純明快な理念があるので、無駄と失敗の権化たる鳩等の不要物は放逐されるからだ。


数字入りの公約、マニフェストは選挙前には出すだろう。
出さなければ選挙を戦えない。



鳥は他党の事なんてくっちゃべってる暇があるなら、何回でも沖縄へ謝りに行け。
そして宣言通り一刻も早く議員辞職しろ。


次回も出馬しようものなら、きっちり引導を渡してやってくださいよ北海道の皆さん。












PR





その団体は公正か? 本当に必要なのか?

  カテゴリー:

橋下市長、母子団体の自販機設置優遇を見直し

 大阪市の橋下徹市長は、母子福祉団体が区役所などと優先的に契約している計26台の自動販売機の設置について、「競争が働いていない」 と見直しを指示した。

(中略)

 橋下市長は 「本当に母子家庭の支援になっているのか。 団体を構成するメンバーの人件費確保になっていないか」 と疑問視し、関係部局に公募転換を求めた。

 共励会によると、自販機収入は年約750万円で、母子家庭を対象としたイベントなどの事業費に充てているという。 同会事務局は 「資金力のない団体の貴重な収入源なので理解してほしい」 と話している。  出典:読売新聞




「母子家庭を対象としたイベントなどの事業費」 というのが、元イベントバイトとしてはどうにも引っかかる。


世にイベント数あれど、こんなの要らないのでは? というものが山の様にあった。
特に役所が絡んだイベントの無駄遣いぶりは、納税がアホらしくなるほど。



とある大きなイベントでのこと。


役所の杜撰な手配により、仕出し弁当が千数百個も余る事態に。

新品のまま生ゴミと化した弁当の山、信じられない程の無駄な支出。


何故こんな事になるのか担当の役人を見つけ理由を聞くと、彼の口から出たのは


「参加者の予想数を元に発注した。 必要数は確認していない」

「弁当支給という告知がちょっと行き届いてなかったみたいだ」



と、ひとごとの様な呟き。



この大量の弁当が届くまでに係わった全ての人の努力や気持ちを容易く踏みにじる外道に、怒りを抑えるので精一杯。

そして、私が払った税金はこんなにも雑に扱われるのだ、役人とは基本的にこういう種族なのだと脳裏に焼きついた。


殆ど手を付けられていない弁当箱を持帰る業者さんの絶句した表情と、寂しい背中が忘れられない。



日本に圧し掛かる役所の出鱈目な浪費を考えれば、これは氷山の一角のそのまた一欠けらに過ぎない出来事だが、役人の無責任振りはお分かり頂けるかと思う。


こんな甘い認識の役人は辞めろと迫るのが橋下氏・大阪維新の会だ。

公務員からすれば非常に厳しいと思うかも知れないが、民間では当然過ぎる基準を適用するだけの事。

これで大阪市の非効率も是正されるだろう。


役所の改善ときたら次は当然、関連団体だ。

記事の話も、本当に必要なら公で直接支援したり、他に効率良い方法があるのでは? 特定の団体が中間業者のような事をやらねばならないのか? という問いだろう。


これを言い出すと全国の第三セクターや補助金を受けているNPO、NGOが存在意義を厳しく問われる事になる。


出発点は如何に美しい慈善事業だろうが、規模が拡大するにつれ腐敗は免れない。
ユニセフや赤十字、共同募金の上層部は思いの外優雅な生活を送っているとも聞く。

慈善、社会貢献事業にも聖域を設けず見直すやり方は、凄まじい数の ”優しい人々” から反発されよう。


そして


「また橋下は壊すのか!」

「やはり独裁者だ! ハシズムだ!」



と感情的な批判が起こり、対する橋下氏は


「だったらこの形である必要性を具体的に」


と返す。

納得させられないと 「もっと効率的に、実効性が増す方向で検討を始める」 事になる。


全国の整理されたくない事業者は、十分に存在意義を高めておくべきだろう。
無くならない事が目的化した時点でもう要らない気もするが。



維新の会の目標は例えば、誰もが疑わずに一律 「税金・サービス料込み」 で払っていたのを、個人の判断と責任による 「チップ」 に変える様なものか。


税サ込みなら考えなくて良いので気楽だし内気な日本人向きだったが、もうそんなどんぶり勘定、人任せでは持たない。

自らコストや要否を考え決断し、結果責任を取る社会を目指すべきだ、というのが彼らの主張だろう。


その過程で 「古き良きもの」 をも切り捨ててしまうのは目に見えているから、本当に大事なものなら自力で人や金を集めて守る覚悟が必要になる。


終わらない緊張感に日本人は馴染めるだろうか。

何処に着地するのか皆が考え、決めねばならない。




さて、維新の会が公約を準備中だそうで、TPP推進など予想通りの新自由主義的文面になりそう。

日本国民全てが、自分に直接関係のある動きだと気付いていればよいが。




日本の聖域

日本の聖域
著者:「選択」編集部
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












鳩山、菅両氏は責任を取って首相を辞任した……誰もがそう思っていた

  カテゴリー:

民主が“爆笑”人事! 鳩山が外交、菅がエネルギー担当の噴飯

 民主党の “失笑人事” が発覚した。 党最高顧問・副代表 (計11人) に特定分野の政策を担当させるもので、何と、最高顧問の鳩山由紀夫元首相は外交を、菅直人前首相は新エネルギー政策を担当するというのだ。 ともに、首相時代に担当分野で国家的失政を犯しただけに、「ミスキャスト」 との声も出そうだ。

 「外交、防衛、エネルギー、震災復興などのテーマで、最高顧問、副代表に先頭に立ってほしい」

 輿石東幹事長は7日の常任幹事会でこう語った。「ベテランの知見を生かそう」 という発想で、鳩山、菅両氏らも了承したという。しかし、これは悪い冗談というしかない。(後略)  出典:ZAKZAK




ネットでは

「日本壊滅作戦かよwww」

「チンパンジーに核のスイッチ磨かせるぐらいヤバいだろ」

「ゴミをリサイクルされても~」

「ただちに日本に影響のあるミスキャスト」

「これ以上国家を無免許運転するのは勘弁してくれ さすがに国がもたない」


と話題騒然。



しかし党内のお飾り名誉職とは言え、笑っている場合ではない。

平然とこんな事を言う輿石幹事長、それを平気で了承する鳩山氏、菅氏は厳しく批判せねばならない。


輿石氏 = 小沢氏の意向なので、自らの失策で支持を失い辞任した人間を無理矢理持ち上げてでもトロイカ体制を再構築、小沢氏が存在感を取り戻す魂胆だろうか。


防衛相に無能な田中氏を押し付けても、増税以外には興味の無い野田政権は文句を言わない。
ならばと更なる影響力拡大の為に出してきたのが、この気違いじみた提案ではないのか。



小沢氏の利権ばら撒き金権政治を国民の多数が嫌っているのは明白だ。


私は昔、金に物を言わせてでも権力を握って物事を動かそうとする小沢氏の姿勢に、政権交代には反対だが、若し人材の居ない民主党が政権を握るなら彼にやらせるしか無いのでは、と考えていた。


しかし実権を握った小沢氏のやった事は酷いものだった。

予想された既得権益の増大だけでなく、中国へのごますり外交、現状では決して得策で無い米国との隔たり、左派勢力の重用と、止まる事のない暴走に唖然。

小沢氏の言う政治改革、創造の為の破壊はあまりに独善的で、到底同意出来るものでは無かった。


自らの招いた結果を未だ理解出来ていない鳩山氏と菅氏は、もう日本には必要無い。

今後はメディアも、去るべき彼らを追わなくてよい。
彼らは動いても役に立たないばかりか、邪魔にしかならない事が確定した。



日本に必要な改革は、大阪発の勢力に主役が交代した。


裁判の結果に係わらず、国への想いが感じられない小沢氏には二度と改革を主導させるべきではない。

表面的な不人気を利用してでも、亡国トロイカの再登場を阻止する必要がある。




ムダヅモ無き改革

ムダヅモ無き改革
著者:大和田秀樹(漫画家)
価格:650円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る












組合員に生活保護……社会的弱者という名のシロアリ

  カテゴリー:

今回は動画を貼る練習。
ちょっと前の物ですが。


役所組合員の実態

「サービス残業はウソでした」 ・・・大阪府女性職員の大石晃子さん




残業なんてしていないのに、残業のつらさを訴える勇気!

只者じゃないな!!




……と思ったら、


大阪府職員の真実 ~サービス残業で橋下府知事に噛みついた女性職員の正体~

※音量注意


極左活動家でしたw


こういう輩を役所や学校から排除すべく頑張っている、真っ当な公務員を応援しております。





他にも、

生活保護を受ける家族の暮らしぶり

母子加算復活で佐藤さんの生活保護費月額26万円が ⇒月額28万6040円へ




生活保護という事は、学費には教育扶助支給、医療費は全部無料、所得税や住民税等は非課税。
それでも困窮しているそうで、一体何に金が要るのか謎です。

貧乏の筈なのにカップラーメンなんて高価な物を食べるとは、テレビ出演で見栄を張っちゃったのかな?


私が貧乏だった頃は、500gで百円のスパゲッティに塩や醤油をかけて食べてましたが。
ふりかけも美味しかったな~。

コンビニで買い物出来てしまうレベルの生活保護って異常だわ。
今の制度なら名称は贅沢保護でいいんじゃねぇ?



それにしても日本は素晴らしい国です。

既得権益を享受する側がすすんでメディアに露出し、問題点を解らせてくれるんですから。


あとはこの人達が支援する民主党議員を選挙で落とし、政権を終わらせるだけですね。


はやく選挙来ないかなぁ……。














橋下徹市長出演 朝まで生テレビを観た感想

  カテゴリー:

様々な手法で積極的に情報発信する橋下大阪市長が、ある日ジャーナリスト田原氏にツイッターで要望した。


橋下氏 「田原総一郎さん!!内田氏、山口氏、浜氏、中島氏、その他、僕のことを大嫌いな大学教授と直接討論させて下さい!!」  (内田樹氏、山口二郎氏、 浜矩子氏、中島岳志氏の事と思われる)

田原氏 「橋下さんのツィートに応える為に、朝生をセッティングしました。よろしくお願いします。」


かくして橋下市長と、氏の主張や手法に反対を唱える人物との討論が実現。



以下、敬称略

司会
田原総一郎

橋下徹 … 大阪市長、大阪維新の会代表、前大阪府知事


(反橋下)
薬師院仁志 … 帝塚山学院大学教授、大阪市民、「橋下主義を許すな!」共著者
香山リカ … 精神科医、立教大学教授、「橋下主義を許すな!」共著者
山下芳生 … 日本共産党・参議院議員
池田知隆 … 元大阪市教育委員長、ジャーナリスト、「どうなる!大阪の教育」編集・著者
吉富有治 … ジャーナリスト、「橋下徹 改革者か壊し屋か」著者
柳本顕 … 自民党・大阪市会議員

(中立的)
東浩紀 … 批評家、早稲田大学教授


区分は大まかだが、上に行くほど反橋下の度合いが強い感じ。




議論は以下の繰返しが目に付いた。


1. 橋下 「目標を定めて決断実行し、結果を出さなければならない」

2. 反橋下 「目標の前に手続きが大事だ。 あなたはそこがおかしい」

3. 橋下 「選挙という手続きを経た。 ではあなたの目標、対案は何か」

4. 反橋下 「そんな話で無く、手続きが問題なのだ」 ← その割に選挙結果は軽視する傾向

5. 橋下 「手続きばかりで決められない民主主義では駄目だ」 → 1に戻る


見事にずれている。

ネットでも 「政治とは手続きだ」 といった意見を目にするが 「議論の末に結論は先送り」 ばかりでうんざりというのが大阪府民、市民の選択だった。




個別に見ていこう。


中でも目立った薬師院教授は、見ていて不憫に思うほど。


1. 薬師院 「選挙公報に区長は公選と書いてたのに公募してるじゃないか。 言動不一致だ」

2. 橋下 「今すぐ公選制にしたいが、公職選挙法があるので今回は公募、都構想で法改正すれば公選になる」

3. 薬師院 「ビラに書いてない事をやっている。 大阪都実現予定日より公募区長任期の方が長いじゃないか」

4. 橋下 「公選制になれば公募区長は任期途中でも切れる」

5. 薬師院 「橋下・大阪維新の会が選んだ公募区長を天から降らせるのはおかしい」

6. 橋下 「では都構想で法改正するまでどうすれば良いと考えるのか。 役所人事で決まる今の区長でいいのか」

7. 薬師院 「そんな事を言ってるんじゃない」 → 1に戻る


薬師院は 「任期4年以内で実現出来ない事は言うな」 という。
「市長は市の仕事をやっていればよい」 もそうだが、この辺は平松前市長の訴えと同じで改革するなという事。




山下議員は共産党らしい言葉の論いばかり。


山下 「維新の会のビラに 『大阪市をバラバラにはしません』 とあるのに都構想で大阪市はバラバラになるじゃないか」

橋下 「都構想で市役所は解体、市長も不要になる。 しかし大阪というコミュニティーはバラバラにはならない」
    「昔は東京市だったのを23区に再編したが、東京というコミュニティーは無くなっていない」

山下 「内容の事を言ってるんじゃない。 大阪市をバラバラにしないと書けば大阪市が無くならないと市民は思う」

橋下 「それは大阪市という役所組織と大阪というコミュニティーを混同している」

山下 「大阪市という役所が無くなったら困る方が沢山おられる」 ← 既得権益側の本性


それにしても共産党って、とっくに運用が始まっている関西空港第2滑走路をまだ批判してんのかw
需要が無いと嘆いていたのは過去の話で、急成長するLCCが続々参入し、結構順調のようだが。

私は、関空への集中を推進した橋下知事 (当時) の功績が大きいと見ている。


その他、教育基本条例改正、君が代起立斉唱、エネルギー問題等を議論するも、内容は予想通り。
最後はスタジオぐるみで憲法改正や核保有論の言質を取って、右翼のレッテルを貼ろうと必死だった。



しかし香山も薬師院も何かというと 「私達」 「市民」 と言うが、まさか私は入っていないだろうなw

「橋下さんの言っている事なんて市民は誰も理解してないですよ!」
「そうだそうだ!」


と盛り上がる薬師院、香山、山下の言う市民とは、既得権益と結託し選挙で負けた少数左派の事と思われる。


橋下の言う事が 「さっぱり解らない」 と仰る頭脳明晰な薬師院教授と違って、アホの私が解っている (つもりの) 事は以下のようなものだ。


~~~~~
日本は一見平和なので、危機感を煽らないとこのまま物事は動かず、他国から何周も遅れる事になる。

高度経済成長までは有効だった中央集権は既に機能しておらず、全国一律成長はもう不可能。

動かない中央を待っては居れず、地方に権限と財源を委譲させ、それぞれの判断で成長を目指すべき。

経済成長を実現する手段として地方に権限財源を委譲する都構想を実現、最終的には道州制を目指す。

長年の無駄遣いや低成長は無責任体制によるもので、権限と責任をはっきりさせ、失敗すれば交代させられる制度にする。

日本人が自力で食ってゆき幸福を追求する為に、世界競争で勝てる体制に改めるべきだ。
~~~~~



素晴らしい。


その反面、社会制度が機械的になり過ぎ、高効率だが幸福感はあまり得られない可能性もある。

ならば今は幸福なのかと問えば、政治に対する不満だらけで自殺も一向に減らない。
社会保障は高齢者だけでも大変なのに、稼働年齢の生活保護受給も激増した。

市場原理主義は理想の姿ではないが、体制変革の手段としてなら市場原理を利用してもよいと思う。



ネットでよく、批判にもなっていない感想がある。

「大阪では橋下さんに反対意見は言えないの?」

反対意見は言える。 但し、本人から反論される場合あり。


「乱暴な物言いが嫌だ、強引なやり方が怖い」

乱暴に表現してでも関心を持ってもらい議論の内容まで見せる手法であり、言い過ぎた場合は謝る事もある。

怖いのは仕方無いので、どうぞ怖がっていて。




本当に橋下が嫌ならリコールや選挙で落とせばよい。

だが、同じ様に劇場型で市場原理主義的だった小泉元首相に対して、未だ好意的な人は多い。
首相に相応しい人を尋ねると、今でも 「小泉純一郎」 の名が出るほどだ。

橋下・維新の会が一定の実績を上げ続ける限り、今後の選挙でも強いだろう。



私は維新の会に投票したが、大枠に賛成なだけで反対の部分もある。 例えば

「電力は火力で賄えるので、脱原発依存を急ぐ」

今後も高値が予想される化石燃料の使用量を減らせる一手段として、安全が確認された核分裂炉は暫く使用すべき。
勿論、より安全な国産エネルギーへの移行も加速させる。



「道州制、首相公選制を実現」

現在の道州制論にはどうしても日本の国体を破壊する左派的なものが紛れ込んでいるので、整理する必要がある。

選挙が人気投票から脱し切れていない現状での首相公選制は恐ろしい。




急いては事を仕損じる。

相変わらず橋下市長の馬鹿発見器ぶりは痛快だが、現実の政策は冷静に、是々非々で見続けるのみ。




バカ発見器

バカ発見器
著者:永島穂波
価格:840円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る










カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
フリーエリア



一介のブログ

アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   一介のブログ(裏)   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]