忍者ブログ
解っていないなりに考えた事を書きなぐり

[PR]

  カテゴリー:
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






平松邦夫前大阪市長が守ろうとしたのは無知と強欲

  カテゴリー:

早期退職者15倍に急増 大阪市バス運転手

 橋下徹大阪市長が民営化の方針を打ち出した大阪市バスの運転手のうち、退職金が加算される早期退職制度を使って今年3月末に退職する職員が昨年同時期に比べ約15倍に急増したことが12日、市への取材で分かった。

 市長が4月からの給与カットを宣言していることから、退職金加算制度が存続しているうちの 「駆け込み退職」 になったとみられる。

 市によると、市は2007年度から、9月末と3月末の年2回、勤続25年以上か50歳以上の職員が定年前に早期退職する場合に退職金を加算する制度を導入。市バスを所管する交通局は独自に11、12年度に限って対象枠を45歳以上に拡大し、加算率も45~55歳は30%に引き上げた。  出典:MSN産経ニュース



最後の最後まで税金を吸い尽くしてから逃げ去る輩がこれだけ居るという事だ。
取敢えず、元々異常な高給なのに30%加算は上げ過ぎだから12年度分は率を引下げるべき。


こんなのを 「改革するのに民営化は必要ない」 等と言っていた平松氏

彼が市役所を去る際、インタビューを受けた一部市民が 「いい人だったのに残念だ」 「また戻ってきて欲しい」 と言うのを見た時には、民主主義が如何に既得権側に有利で改善には不効率か、ただ生きているだけの無知で怠惰な人間が如何に多いかを再認識した。


こういう集団が作り上げた ”緩やかな死へ向かう構造” から脱却し、少しでも減らした無駄を必要な場所へ手当てする為には独裁的な力が必要な時もある、と橋下氏が比喩的に表現すれば 「反独裁ノイローゼ」 を発症。

かと思えば、鋭く対立した相手でも長い物になった途端巻かれに飛び込む 「急性掌返し」 も併発。

こんな我欲ばかりの連中に囲まれ、それでも面倒な民主主義は続けざるを得ないから、選挙前には一人公報を繰返す。


選挙前は反維新だった府会議員の豹変は見苦しかったが、今のところ多数を維持する市会議員は物申す姿勢を強調。

しかし言っている内容が……


自民党大阪市議団  荒木幹男 幹事長
d1a21698.jpeg
「我々は52万というですね、得票数をいただいた。 それは、殆どの方がですね私は、都構想に対して非常に疑問を抱いている…」
(文は発言のまま)

ん? 「殆どが非常に疑問」 は偏り過ぎだろ。
「詳細はこれからなので未だ計りかねている」 「詳しくは理解出来ていない」 ならまだしも。

自ら言うほど支持数に自信があるのなら市議会解散したら?



OSAKAみらい  松崎孔 幹事長
a3ac2e64.jpeg
「選挙結果で示されたように、大阪市民の凡そ3分の2が大阪都構想などに反対…」


一瞬、我が耳を疑った。

3分の2……ってまさか!

そう、平松氏の得票数だけでなく、選挙に行かなかった有権者も数に入れているのだ。


まじかこいつ!

皆さん気をつけてください!

大阪では投票しないと、勝手に負けた側の支持者にされます!


……開いた口が塞がらん。


しかもこの議員が所属する 「OSAKAみらい」 というのは何の事は無い、民主党系グループだ。

大阪市議会の民主会派名 「民主」 外し 「OSAKAみらい」 に  出典:MSN産経ニュース

名前に 「民主」 が入っていると印象が悪いので (当時は菅政権)、看板だけ誤魔化す詐称集団。

こんな沈む船から逃げ出す鼠の如き輩が、碌に仕事もせず高給を取ってはふんぞり返っているのだから、毎月77.6万円もの報酬を出す必要など全く無いと言える。

大阪市特別職の報酬等の状況  出典:大阪市HP


都構想で一気に増える区議会議員の報酬もよく検討しないと、高給目的の役立たずな職業議員が増殖するだけ。

無駄な出費を抑えられた暁には、ずっと職員組合から働き過ぎだと圧力を受け続け、待ち望んでいた橋下市長の下で今は改革を実行している役人の給料を少しでも上げてやって頂きたい。




一方その頃……


平松・前大阪市長:シンクタンク、橋下市政を監視

 11月の大阪市長選で落選した平松邦夫前市長らが来年3月、地方自治や行政の問題を扱うシンクタンク (調査研究機関) を設立し、理事長に平松氏が就任することが関係者への取材で分かった。平松氏に考えの近い北海道大大学院の山口二郎教授(政治学)や中島岳志准教授(アジア政治)もメンバーに入る見通し。市長時代に市の特別顧問を務めた思想家の内田樹(たつる)氏も参加し、教育問題で助言するという。平松氏は経験を生かし、市長選で対決した橋下徹市長の市政運営を監視し、発言していく意向だ。(後略)  出典:毎日jp


平松氏の経験……ああ、関・元市長が組んだ改善計画を減速させ、常に笑顔で既得権益を守れば、能力が無くても52万人から支持される痰壷大阪を見せ付けた事か。

それでも中立的視点の 「監視」 ならやってみたらと思ったが


山口二郎 … 北海道大学教授 ・ 『橋下主義(ハシズム)を許すな!』 共著者 ・ 社会党ブレーン → 民主党ブレーン

中島岳志 … 北海道大学准教授 ・ 週刊金曜日編集委員 ・ 著作 『パール判事』 を小林よしのり氏に論破される

内田樹 … 神戸女学院大学名誉教授 ・ 平松前市長のブレーン


だめだこりゃ。

しかし北大は 「少年よ、大志を抱け」 がおかしな方へ向かっているのか?
一先ず立命館、京大と同じく左翼臭のする大学と記憶しておく。



最後に、拙稿を書くにあたってネット上で様々な意見が目に入ってきたが、一言だけ。

「橋本」 と書いて間違いに気付かない、修正もしない程度の意識なら黙ってろ。





【送料無料】体制維新ー大阪都

【送料無料】体制維新ー大阪都
価格:893円(税込、送料別)






PR





この記事にコメントする
名前
タイトル
URL
コメント

コメント
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
バーコード
カウンター
フリーエリア



一介のブログ

アクセス解析
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   一介のブログ(裏)   All Rights Reserved
Design by MMIT  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]